ガン保険の診断給付金は条件で受け取りが大きく異なる。

2人に1人は、一生の間にガンにかかるという説もあるくらい、ガンは注意しなくてはならない病気になりました。そのため、がん保険に注目が高まり、いろいろな保険商品が発売されています。

最初は入院中心でしたが、通院や高度先進医療、薬治療、そして、診断と共に診断給付金として一括で100万とか200万などの金額が給付される商品も一般的になりました。医療保険にオプションでつけられるタイプもあります。

ところが、この診断給付金の給付の仕方については、内容がいろいろです。「真皮ガンには支払われるが、上皮内ガンの時は給付なし。」のタイプがあります。ガンであっても、ある基準までひどくなっていないと支払われないというものです。

またもし、上皮内がんも給付があるけど、最初の診断の時に1回だけ給付されるという条件なら、すぐに治り易い軽いガンの時に給付金が出て、将来発見される重いガンの時に給付がないというような事態もあり得ます。

それで、1回だけではなく、2回以上も給付があるとうないようのがん保険もありますが、そこで注意が必要なのは、2回目以降はどのような条件の時に支払われるのかということです。そこは会社によって、「入院した時」「前回のガンは寛解(一応治って)して新しいガンんになった時」というような条件付きだったりします。

そのあたりの条件を細かく理解して選ぶのが、ガン保険を決めるのに大事だと思います。