女性特定疾患の備えを万全にしたくてほけんの窓口に先日相談しました!

私の家系は遺伝なのか、昔から女性特有疾患に罹って病に倒れる親戚が多かったので、私も小さい頃から健康管理は人一倍気を遣ってきたつもりですが、万一の場合に備えて女性の病気にも手厚い保険に見直したいとほけんの窓口に相談しに行った所、アフラックの(レディース新EVER)という商品を勧められました。
何とこの商品は、軽度の疾患でも日帰り入院からガッツリ保障してくれ、手術給付金の内容も日帰り手術や保険範囲外の先進医療、ガン治療に有効な放射線治療も保障され、まさに今自分が求めているピッタリな保険商品でした。
実は最近私の叔母も初期の乳癌に罹って入院してたのですが、再発もある病気なので、もっと前から先進医療も十分カバーできる特約を付けるべきだったと嘆いていた事もあり、私も同じ失敗はしたくなくて、入院・手術代給付を含む放射線治療と先進医療・女性特定疾患全般をカバーできる保障セットプランに加入し、FPさんの更なる勧めで特約で退院後の通院保障も付ける事にしました。
もし今回気が向いてほけんの窓口に相談しなかったら、自分で間違った保険の選択をしてたかもしれないので、思い切って相談を持ち掛けて無事に保険を切り替える事ができ安堵しています。
しかも、そのFPさんとの相談料も一切無料という事で、更にまた得した気分になったのは言うまでもありません。

ガン保険の診断給付金は条件で受け取りが大きく異なる。

2人に1人は、一生の間にガンにかかるという説もあるくらい、ガンは注意しなくてはならない病気になりました。そのため、がん保険に注目が高まり、いろいろな保険商品が発売されています。

最初は入院中心でしたが、通院や高度先進医療、薬治療、そして、診断と共に診断給付金として一括で100万とか200万などの金額が給付される商品も一般的になりました。医療保険にオプションでつけられるタイプもあります。

ところが、この診断給付金の給付の仕方については、内容がいろいろです。「真皮ガンには支払われるが、上皮内ガンの時は給付なし。」のタイプがあります。ガンであっても、ある基準までひどくなっていないと支払われないというものです。

またもし、上皮内がんも給付があるけど、最初の診断の時に1回だけ給付されるという条件なら、すぐに治り易い軽いガンの時に給付金が出て、将来発見される重いガンの時に給付がないというような事態もあり得ます。

それで、1回だけではなく、2回以上も給付があるとうないようのがん保険もありますが、そこで注意が必要なのは、2回目以降はどのような条件の時に支払われるのかということです。そこは会社によって、「入院した時」「前回のガンは寛解(一応治って)して新しいガンんになった時」というような条件付きだったりします。

そのあたりの条件を細かく理解して選ぶのが、ガン保険を決めるのに大事だと思います。